本文へスキップ

特定非営利法人アクアプラネットは、サンゴ礁の再生活動を行っています。


アクアプラネットはみなさまのご協力のおかげで10周年を迎えることが出来ました!

10周年を迎え、石垣島周辺沿岸域のサンゴ環境保全を目的とした養殖事業を八重山漁業協同組合さま、NPO法人観光事業研究会さまのお手伝いしていく形で行うこととなりました。
田中理事長は石垣市のサンゴ大使という大役を担っており、アクアプラネットとして八重山の海がいつまでも美しくいられるよう、 この一翼をこの事業を通して後押しさせていただきます。
もちろん北谷での移植活動も続けていきます。
これからも皆様のご支援をよろしくお願い申し上げます。
最後になりますが、秋になりますが10周年記念事業を行う予定です。
詳細決まりましたらご報告します。 皆様の参加を心よりお待ちしています!
*サンゴ環境保全事業の活動状況はこちらをクリックしてください。


news新着情報

2016年5月21日

サンゴの植え付け 春の陣!終了しました!

サンゴの植え付け 春の陣、サンゴの植付イベントを行ないました!
→活動報告はこちらから
2016年4月18日

協力事業<3935プロジェクト>が紹介されました!

石垣島で行っている協力事業<3935プロジェクト>がWebマガジンコロカルに紹介されました!
是非ご覧ください!
→掲載記事はこちらから

この海を100年後の子供達に残したい

特定非営利法人アクアプラネットは、サンゴ礁の再生活動を行っています。

14歳からダイビングの魅力にとりつかれ、今まで色んな海で潜りたくさんのパワーを海からもらってきました。
ところが、温暖化や様々な原因で珊瑚が壊滅状態になっているのを目の当たりにし、2006年特定非営利活動法人「アクアプラネット」を組織しました。

当初の活動は、常務理事の金城浩二氏(設立時には理事長として活動していただきました)と私の二人三脚による海の環境啓蒙活動を中心に、実際に海の中にサンゴを増やしていこうとする活動から始まりました。
私達が行うサンゴ再生の方法は、陸域で育てたサンゴの苗をボランティアダイバーによる植え付けです。

サンゴ再生は自然環境の回復です。
サンゴが死滅する原因は水温の上昇に伴う破壊、開発による海の汚れ、生活環環境の変化による海の汚れなどといわれています。
海は私達の生活に必要不可欠の場です。この環境を守るためには一人一人の力が必要です。
私達の活動によって、多くの方が海への理解、サンゴ環境への理解をしていただくようになればと思います。

私達の活動は、現在も含め今まで多くの方や企業の方にご支援をいただいております。
今後も皆様のご支援によって、啓蒙活動を活発に行い、百年後の未来の子供達に美しい星「地球」を残していきたいと思っています。
今後とも皆様のご理解とご支援をお願い申し上げると共に皆様のお力をお借りし、自然環境保護は勿論のこと社会環境までも考える活動をしていこうと思います。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

理事長 田中律子

植えつけ会員募集

商品イメージ

植えつけ会員=サンゴの植えつけ

3,500円[税込]

養殖サンゴはすべて沖縄産です。すくすく育つサンゴの成長を一緒に見守ってください!

商品イメージ

企業様向け=サンゴの植えつけ

30株 105,000円[税込]

株数・活動内容に応じてご相談ください。企業様の広告として、CSR活動の一環として養殖サンゴの移植放流へ協力ください。